福島レッドホープス投壊19失点 先発国分、救援阪井踏ん張れず

 
【新潟―福島】9失点で敗戦投手となった福島の国分=悠久山球場

 (19日・悠久山球場ほか=2試合) 福島レッドホープスはビジターの悠久山球場(新潟県)で新潟アルビレックスBCに1―19で敗れ、2連敗となった。

 福島は先発国分が2回に2死から暴投と四球でピンチをつくると、後続を討ち取れず2点を先制された。国分は3回にも走者をためて長打を浴びるなど踏ん張れず、5回9失点で降板した。継投した阪井も3回10失点と打ち込まれた。攻撃陣は7回に森口の犠飛で1点を返したが、10安打で1点とつながりを欠いた。

 福島は次戦の22日、ホームのヨーク開成山スタジアム(郡山市)で新潟と対戦する。午後1時30分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院3年ぶりV!学法石川に13-7 春季高校野球福島県大会