田村・伊藤が初優勝 福島県高体柔道男子100キロ

 
【柔道個人男子100キロ級】大腰で一本を奪い優勝した田村の伊藤(下)=いわき市南部アリーナ

 第67回県高校体育大会メイン会期最終日は7日、各地で7競技が行われた。

 個人と団体、全国制覇狙う

 個人男子100キロ級で初優勝した田村の伊藤大峰(ひろたか)(3年)は「優勝できてよかった」と落ち着いた表情で語った。

 県内屈指の実力者で、インターハイでの活躍が期待される。しかし、3月の全国高校選手権では、無差別級1回戦で敗れた。課題だった「組み手と相手の圧力に負けず前に出ること」を意識して稽古に打ち込んだ。

 同校対決となった佐藤悠雅(同)との決勝は攻めの姿勢を貫き、最後は「大腰」で一本を奪った。

 20回連続で団体男子を制した同校の主将も務める。伊藤は「個人も団体も、目標は全国制覇」ときっぱり。迷いなく大舞台に挑む。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の高校野球福島大会」組み合わせ決まる 7月7日熱戦開幕