ダンロップ・スリクソン福島OP6月24日開幕 前夜祭に内藤プロら

 
時松プロ(左)や内藤プロが参加し、松山プロのビデオメッセージが紹介された「ふくしま交流の夕べ」(大会提供)

 男子ゴルフのツアートーナメント「ダンロップ・スリクソン福島オープン」は24日、西郷村のグランディ那須白河ゴルフクラブで開幕する。開幕を直前に控えた23日、前夜祭「ふくしま交流の夕べ」が開かれ、内藤寛太郎プロ(日大東北高卒)や時松隆光プロらが、大会の見どころなどについて語り合った。

 出演者は、本県産の野菜や福島牛を使った料理を楽しんだほか、松山英樹プロのビデオメッセージなども紹介。松山プロは動画で「好きなコースなので、また参加したい気持ちがすごく強い」と大会への思いを語った。

 同日は、練習ラウンドも行われ、出場選手がコースや芝の状態などを確認した。内藤プロは「地元で有観客の試合があるのはうれしい。おととしより成長した姿を観客に見てほしい」と抱負を述べた。高橋竜彦プロ(浜通り交通)は「若い世代に負けず、食らいついていきたい」と語った。

 大会には142人が出場し、24、25日に予選ラウンド、26、27日に決勝ラウンドが行われる。当日券の販売は行わない。大会は住友ゴム工業、福島中央テレビ、日本ゴルフツアー機構の主催、福島民友新聞社などの後援。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の高校野球福島大会」開幕 2年ぶりの甲子園へ球児ら躍動