福島レッドホープス、重い1点 群馬に惜敗、活動再開後4連敗

 

 (2日・伊勢崎球場ほか=2試合) 福島レッドホープスはビジターの伊勢崎球場(群馬県伊勢崎市)で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、0―1で敗れた。新型コロナウイルスのクラスターによる活動休止を経た再開後、4連敗となった。

 福島は先発斎藤が初回に2安打を浴びて先制を許すが、7回までに12奪三振の好投を見せた。攻撃では6安打を放つも、打線がつながらず無得点だった。

 福島は次戦の4日、ホームの牡丹台球場(須賀川市)で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

日大東北、初戦突破はならず 夏の甲子園、滋賀・近江に2-8