東北フリーブレイズ競り負け アジアリーグJC

 
【フリーブレイズ―イーグルス】ゴールを死守するGK古川(右)=白鳥王子アイスアリーナ

 アジアリーグアイスホッケーの国内5チームによる「ジャパンカップ」は12日、2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)はアウェーの白鳥王子アイスアリーナ(北海道苫小牧市)でレッドイーグルス北海道と対戦し、ペナルティーショットシュートアウト(PS)の末、2―3で競り負けた。

 フリーブレイズは第1ピリオドで先制されたが、第2ピリオドでFW田中遼のゴールで同点に追いつき、第3ピリオドではDFデニー・シモンの得点で勝ち越した。しかし、直後に点を奪われ延長戦に突入。延長は0―0で粘り強さを見せたが、PSで敗れた。フリーブレイズは次戦の18日、アウェーのコーセー新横浜スケートセンター(横浜市)で横浜グリッツと対戦する。午後4時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県勢3主将が「闘志」 秋季東北高校野球、意気込みを語る