田村高・佐久間「恩返しする」 ソフトバンク育成8位、指名あいさつ

 
作山さんから指名あいさつを受けた佐久間捕手(左)

 プロ野球ドラフトでソフトバンクの育成8位指名となった田村高の佐久間拓斗捕手(18)は21日、三春町の同校で、球団スカウトから指名あいさつを受けた。佐久間捕手は「お世話になった人たちに恩返しできるよう、一流のプレーヤーを目指す」と話した。

 球団スカウト育成部に所属する学法石川高の元野球部で、ダイエーホークスの投手だった作山和英さんが訪れた。作山さんは「(佐久間選手は)立派な体格で長打力がある。将来的には右の大砲として本塁打王になり、福島の球児の希望になってほしい」と期待。佐久間捕手は王貞治会長と工藤公康監督のサインボールを受け取り、「一日でも早く支配下登録を受けて1軍で頑張りたい」と抱負を述べた。