男女8強決まる 福島県高校バスケ

 
【女子2回戦・帝京安積―福島・桜の聖母】白熱した試合を繰り広げる選手

 全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)県予選会を兼ねた県高校バスケットボール選手権大会は24日、会津若松市の会津学鳳高などで2回戦が行われ、男女8強が決まった。

 準々決勝は男子が福島東稜―学法石川、磐城桜が丘―帝京安積、福島南―東日大昌平、会津―開志A&Dで、女子は郡山商―原町、磐城一―福島東稜、福島西―郡山、会津―帝京安積。

 男女とも準々決勝は30日、準決勝と決勝は31日に同校で行われる。新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で行われている。

 ◇男子 ▽2回戦

福島東稜 117―73 郡山北工

学法石川 55―51 いわき光洋

磐城桜が丘 88―69 会津北嶺

帝京安積 120―65 若松商

福島南 123―54 尚志

東日大昌平 79―70 福島東

会津 81―61 清陵情報

開志A&D 85―51 福島商

 ◇女子 ▽2回戦

郡山商 98―56 若松商

原町 53―48 須賀川桐陽

磐城一 66―30 喜多方

福島東稜 108―69 学法石川

福島西 86―63 郡山東

郡山 66―45 福島商

会津 71―58 いわき光洋

帝京安積 83―35 福島・桜の聖母