男子は郡山北工×光南 春高バレー福島県大会25日決勝

 
【男子準決勝・光南―会津学鳳】スパイクを決める光南の小針(1)

 第74回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)県代表決定戦・第49回FTV杯争奪県高校バレーボール選抜優勝大会は24日、福島市の福島トヨタクラウンアリーナで開幕した。初日は男女の準々決勝と準決勝が行われ、男子は郡山北工と光南、女子は郡山女子大付と福島成蹊が決勝に進んだ。決勝は25日、同会場で行われる。女子は午前10時15分、男子は同11時45分開始予定。

 男子準決勝は第1シード郡山北工が相馬に2―0でストレート勝ちし、光南は第2シード勿来工を破った会津学鳳をフルセットの末2―1で下した。

 男女の優勝校は、来年1月に東京都の東京体育館で開かれる全国大会に出場する。

 光南 エース小針、存在感

 光南はフルセットで会津学鳳を下し、初の決勝進出。唯一の3年生としてチームを引っ張った主将の小針優心(3年)は「気持ちで勝てた試合だった」と興奮冷めやらぬ様子だった。

 小針は試合中、相手に流れが傾きかけた時は「次の一点をしっかり決めようぜ」とチームを鼓舞した。プレーでも要所で相手のスパイクをブロックし、得点を重ねるなどエースとしての存在感をみせた。

 決勝の相手は第1シードの郡山北工。小針は「最後まで自分たちのバレーを貫きたい」と、初の県王者へ意気込んだ。

 郡山北工 宮内、ブロック強力

 第1シード郡山北工は5年ぶりの頂点に王手をかけた。身長186センチの高さを生かしたプレーで勝利に貢献した宮内杏平(3年)は「圧倒して春高に行く」と決勝の舞台を見据えた。

 前回大会は決勝で敗れた。2年生だった宮内はミドルブロッカーとして出場したが、ブロックを抜かれるなど悔しさを味わった。それから1年、丁寧なブロックとサーブを徹底的に磨いてきた。

 準決勝では高さのあるブロックで圧力をかけ、サービスエースを決めた。「対策してきた一つ一つを出せた」と宮内。確かな手応えを胸に、決勝へ臨む。

◇男子

▽準々決勝

郡山北工 2―0 福島工
(25―20 25―14)

相馬 2―0 白河
(25―18 25―17)

光南 2―0 平工
(25―14 25―19)

会津学鳳 2―0 勿来工
(25―23 25―22)

▽準決勝

郡山北工 2―0 相馬
(25―21 25―21)

光南 2―1 会津学鳳
(30―28 24―26 25―11)