福島県上位へ「ベスト」布陣 きょう都道府県対抗男子駅伝

 
4年ぶりの優勝を目指す本県男子駅伝チーム=21日午後、広島市

 第28回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は22日、広島市の平和記念公園前を発着点に7区間、48キロで行われる。午後0時30分スタート。大会は新型コロナウイルスの影響で2021年から2年連続で中止となり、3年ぶりの開催となる。レースに先立ち21日は同市の広島国際会議場で開会式が行われ、福島県チームは山口智規(早大1年、学法石川高卒)が旗手を務めた。

 本県チームは、連覇を目指した2020年前回大会で14位。3年ぶりの大会で再び頂点を狙う。3000メートル中学記録保持者の増子陽太(鏡石中3年)ら強力な中学生の走りが勝負の鍵を握りそうだ。

 1区は小田切幹太(学法石川高3年)。武器である後半のスパートで上位に食い込み、中学生区間につなぎたい。2区は昨年の全日本中学陸上競技選手権1500メートル2位の実力を持つ栗村凌(若松四中3年)が持ち前のスピードで引き離せるか。

 中盤は、3区の主将高槻芳照(東農大3年、学法石川高卒)、4区の薄根大河(学法石川高3年)、5区の谷中晴(帝京安積高2年)と実力のあるメンバーがそろっており、勢いを保てるかどうかが終盤の展開を左右しそうだ。

 6区は大会屈指のスピードで注目が集まる増子が入った。区間賞獲得が期待され、上位へ流れを引き寄せたい。初めてアンカーを務めるのは、エース松山和希(東洋大3年、学法石川高卒)。大学トップクラスの実力を発揮し、粘り強い走りでチームを勝利へと導きたい。松山は「エースの名に見合う走りをしなければならない。アンカーとしての責任を果たし、チームに貢献したい」と決意を語る。

 安西秀幸監督は「チームの雰囲気は非常にいい。それぞれの区間でベストなメンバーを組んだ。優勝に少しでも近づけるレースをしてほしい」と期待を込めた。

 松山アンカー、学生が鍵

 実業団ランナー不在の本県チームを支えるのは実力ある学生ランナーだ。アンカー松山和希(東洋大3年、学法石川高卒)は今季レースから遠ざかっており、復帰戦に期待がかかる。松山は「最大限の力を出し切る」と気合十分だ。

 松山は、昨夏に自転車事故で靱帯(じんたい)を損傷し、昨年11月末から本格的な練習を始めた。箱根駅伝に出場予定だったが、直前にインフルエンザのため欠場した。完璧に復調していないが「今回はメンバーがそろっていて順調にいけば上位でたすきが来る。終盤にスパートを仕掛けて上位でフィニッシュしたい」と語気を強める。

 主将を務め、3区を走る高槻芳照(東農大3年、学法石川高卒)は「調子は万全なので良い走りをしたい」と意気込む。学生ランナーがしのぎを削る3区について「有力ランナーと競えるのが楽しみ。終盤に勝負を仕掛け、良い順位でたすきをつなぐ」と活躍を誓う。

 3000日本中学記録、増子6区

 チームの軸となる中学生区間。6区を走るのは昨年のとちぎ国体3000メートルで自身の持つ日本中学記録を3秒92更新する8分11秒12をマークし、注目が集まる増子陽太(鏡石中3年)だ。増子は「重ねてきた練習の成果を発揮し、チームに貢献したい」と意気込みを語った。

 レースを引っ張ることができる積極性が武器だと自覚する増子。集団にはなりにくい6区で「自分の武器を生かして、目の前にいる選手を追いかけて順位をどんどん上げていきたい」と持ち味を思い切り発揮する考えだ。

都道府県対抗男子駅伝