若隆景、若元春ともに初場所9勝...来場所、兄弟関脇が濃厚

 

 22日に東京・両国国技館で行われた大相撲初場所千秋楽では、史上3組目の兄弟同時三役となった関脇若隆景、小結若元春(ともに福島市出身)が9勝目を挙げて締めくくった。兄の若元春は昇進の可能性があり、来場所はそろって関脇が濃厚。弟の若隆景は「兄弟で活躍できることはいいことだと思う」と心待ちにした。

 若隆景は錦木を下から攻め、右からいなしてはたき込んだ。関脇で6場所連続の勝ち越しにも「もっと上を目指すためには力をつけないといけない」と満足しなかった。

 若元春は遠藤に土俵際まで寄られたが、左を差して反撃し、力強く寄り切った。新小結で9勝を挙げ、技能賞候補に挙がったが見送られた。三賞にもあと一歩の活躍を見せて「関脇だろうが小結だろうが番付は意識せず、自分の相撲を取るだけ」と表情を崩さなかった。