福島ファイヤーボンズ、栗原HC続投 24-25シーズン契約発表

 

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の福島ファイヤーボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントは20日、栗原貴宏ヘッドコーチ(36)=HC、郡山市出身=と2024―25シーズンのHC契約を結んだと発表した。今季途中からチームを指揮した栗原HCが来季も続投となった。

 栗原HCは21―22シーズンからアシスタントコーチとして福島に加入。昨年12月にチームの指揮官だったエンリケ・スニガスーパーバイジングヘッドコーチ(47)の成績不振による契約解除を受け、シーズン途中でHCに昇格。今季の福島の成績は24勝36敗で東地区7チーム中5位に終わり、プレーオフ進出を逃した。

 栗原HCは「見ている人の心に響くような、応援したいと思われるようなチームをつくっていく。経験と反省を生かし、次のシーズンは全員で笑って終われるよう一緒に戦ってください」とコメントした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわきFC「勝負の月」 上位陣との3連戦へ、22日は山口戦