男子800は国分(田村)が0秒03差で頂点 福島県高体陸上

 
【男子800メートル】接戦を制した国分渉夢(田村3年)=とうほう・みんなのスタジアム

 第70回県高校体育大会は26日、各地で各競技が行われた。陸上は男子800メートルを国分渉夢(田村3年)が1分54秒56、女子砲丸投げは宗像亜恋(あれん)(郡女大付)が10メートル71でそれぞれ優勝した。ボクシングでは、阿部拳志(けんし)(福島北3年)がフライ級を制した。

 【陸上】◇男子 ▽800メートル〈1〉国分渉夢(田村)1分54秒56〈2〉斎藤康太郎(学法石川)〈3〉三瓶友也(同)〈4〉藤田昌也(白河旭)〈5〉梅原俊太(学法石川)〈6〉若月涼真(いわき秀英)〈7〉清野樹(葵)〈8〉野口絃(会津)

 残り200メートルでギア上げる

 男子800メートルで優勝した国分渉夢は、ゴールに駆け込むや息を切らしながら電光掲示板をじっと見つめた。わずか0秒03の接戦。「最後まで勝てるか分からなかったので、素直にうれしかった」。1位に表示された自分の名前を確認すると、両腕を広げて大の字になって倒れ込み、喜びかみしめた。

 後半が勝負になると読み、「序盤は絶対に前に出ないと決めていた」。3位をキープし、抜け出すタイミングを伺うと、残り200メートルで仕掛けた。ギアを上げトップに躍り出たが、すぐ後ろには斎藤康太郎(学法石川3年)が迫っていた。国分は「正直きつかった。気持ちで負けないようにした」と最後の直線で力を振り絞った。

 昨年の夏から練習量を増やして今大会に向けて仕上げてきた。持久力と瞬発力を養うことで得意とするラストスパートに磨きがかかり、この日のレースでその成果が結実した。

 国分は今大会で1500メートルとの2冠を果たした。「東北大会でも2種目で優勝する」。弾みのつく結果を受け、力強く宣言した。(江藤すず)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわきFC、強力攻撃陣を警戒 26日、アウェーで難敵・長崎戦