大関(福島U)と神田(早大)、サッカーU19日本代表に選出

 
大関友翔(福島ユナイテッドFC提供)

 日本サッカー協会は29日、モーリスレベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)に出場する19歳以下(U―19)日本代表の選手26人を発表し、福島県関係ではJ3福島ユナイテッドFCのMF大関友翔(ゆうと)と早大のMF神田拓人(尚志高卒)が選ばれた。

 大関はチームを通じ「日本代表として戦うことの自覚を持ち、培ってきた全ての力を出し切れるよう頑張る。遠征で多くのことを吸収し、必ず成長して帰ってくる」とコメントした。

 日本代表は6月2日、フランスに入り、イタリア、インドネシア代表などと対戦する予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわきFC「勝負の月」 上位陣との3連戦へ、22日は山口戦