東京五輪、2021年に「延期」決まる 安倍首相とIOC会長一致

 

 安倍晋三首相は24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話で会談した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、夏の東京五輪・パラリンピックを1年程度延期するよう首相が提案し、バッハ氏が同意した。遅くとも2021年夏までに開催することでも合意した。五輪が戦争で中止になった例は複数あるが、延期は史上初めて。「東京2020」の大会名称は維持される。

 会談後、IOCは声明で、21年夏までに五輪を開催すると理事会で承認したと明らかにした。「聖火は日本にとどまる」とも発表した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

東日大昌平が初優勝、福島商に5-1 秋季高校野球福島県大会