「聖火リレー」21年3月開始 行程表発表、7月にかけて実施へ

 

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、来夏の大会までのロードマップ(行程表)を発表した。6月末までに会場や競技日程など大会の骨格を確定させ、延期に伴う課題の洗い出しをするとした。延期決定後、行程表が示されるのは初めて。

 行程表によると、47都道府県を巡る五輪の聖火リレーは現時点で来年3月から7月にかけて実施する計画。ただし組織委は見直しの対象になるとしており、今後、詳細を検討する。テスト大会は3月から5月に実施する予定とした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

東日大昌平が初優勝、福島商に5-1 秋季高校野球福島県大会