中畑清さんらプロ野球OB集う!機運を再び 23日・あづま球場

 

 元プロ野球選手らでつくる全国野球振興会は、東京五輪開幕1年前となる23日、野球・ソフトボール競技が行われる福島市のあづま球場で「プロ野球OBフェスタin福島」を開催する。矢吹町出身でアテネ五輪野球日本代表を率いた横浜DeNA前監督の中畑清さんらが参加。子ども向けの野球教室や本県選抜チームとの試合などを行い、1年後の本番に向けて機運を高める。大和ハウス工業が特別協賛し、県野球団体協議会が協力する。

 同振興会は当初、東京五輪開幕1カ月前に合わせ、6月に福島市でイベントを開催する予定だった。新型コロナウイルスの影響で五輪が1年延期となったため、6月に予定していたイベントを「1年前イベント」として開催することにした。

 振興会は五輪開幕まで1年間、さまざまな事業で復興五輪の機運を盛り上げ、原発事故に伴う風評の払拭(ふっしょく)にも取り組んでいくという。

 当日は中畑さんのほか北京五輪代表で元千葉ロッテ捕手里崎智也さんらが訪れる。県北地域で軟式野球に取り組む社会人でつくる選抜チームと5イニングの試合を行い、インターネットで生配信する。イベントは新型コロナウイルス感染防止対策を徹底する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

東日大昌平が初優勝、福島商に5-1 秋季高校野球福島県大会