「五輪アートポスター展」いわきで開幕!荒木飛呂彦さんら出展

 
(左から)漫画家浦沢さんの作品や金沢さんの作品など公式アートポスターが並ぶ会場

 いわき市は7日、東京五輪・パラリンピックをイメージして大会組織委が制作した公式アートポスターの展示を同市のアリオスで始めた。漫画家の浦沢直樹さんやダウン症の書家金沢翔子さんら国内外のアーティストがデザインを手掛けた作品が並んでいる。9月6日まで。

 アーティストは「YAWARA!」「20世紀少年」などの作品で知られる浦沢さんや金沢さんのほか、「ジョジョの奇妙な冒険」で有名な漫画家の荒木飛呂彦さん、写真家で映画監督の蜷川実花さんら。作品は計20点で、選手の躍動感などを各自の技法で表現している。

 来年の五輪・パラリンピックへ関心を高めてもらおうと、大会が開かれる予定だった今月に展示会の開幕日を合わせた。新型コロナウイルス感染拡大を受け延期となった聖火リレーで、いわき市のゴール地点となる予定だったアリオスを会場に選んだ。

 金沢さんは市が任命する「いわき応援大使」も務めており「聖火ランナーとして走る準備をしていたので、来年は必ず走りたい。皆さんの気持ちも元気に高まってほしい」と展示に当たりメッセージを寄せている。

 観覧無料。時間は午前8時30分~午後10時30分。問い合わせは市スポーツ振興課東京オリンピック・パラリンピック担当(電話0246・22・7032)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

男子・学法石川が「10連覇」 福島県高校駅伝、全区間で区間賞