組織委会長に橋本聖子氏選出 東京五輪、五輪相後任は丸川珠代氏

 

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、理事会などを開き、女性蔑視発言で会長を辞任した森喜朗氏(83)の後任に五輪相だった橋本聖子氏(56)を選出した。8人で構成される「候補者検討委員会」(委員長・御手洗冨士夫名誉会長)が全会一致で橋本氏1人を理事会に推薦し、就任が決定した。

 国務大臣規範は報酬のない名誉職などを除き、閣僚が公益法人の役職を兼ねることを禁じており、橋本氏は同日、五輪相を辞任。後任は丸川珠代元五輪相が務める。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖火リレー、福島県内3日間フィナーレ!つないだ火、紡いだ思い