いわき・アリオスに県勢選手らの応援懸垂幕 東京五輪開幕まで30日

 
設置された応援懸垂幕

 いわき市は23日、東京五輪開幕30日前に合わせ、同市のアリオスに応援懸垂幕などを設置した。

 懸垂幕は2種類を準備した。一つは同市ゆかりの競泳・松元克央(いわき市生まれ)、レスリング・皆川博恵(クリナップ)、自転車・新田祐大(白河高卒)の3選手の活躍を願うもので、もう一つは市がホストタウンを務めるサモアチームを応援するものだ。

 また、3月の聖火リレーの時に使った、選手や市民らのメッセージが寄せられた応援フラッグも改めて掲示した。市役所本庁舎前にも、応援看板を設置しており、五輪に向けた機運を盛り上げている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

日大東北、18年ぶりV!夏の高校野球福島 光南に5-4