福島市、東京五輪PV中止へ 組織委の方針受け一転

 

 東京五輪野球・ソフトボール競技の開催地である福島市は、競技期間中にJR福島駅周辺で実施予定だったパブリックビューイング(PV)などのイベントを中止する方向で検討を進めていることが23日、分かった。近く正式に発表する。

 大会組織委員会などが21日発表した方針の中で、人の流れを抑えるためPVの中止や規模縮小の検討、観客の行き帰りの「直行直帰」などが示された。方針発表を受けて、市はPVなどの実施について慎重に検討してきた。

 県内では、既に県と組織委が郡山市で開催する予定だったPVを含むイベントの中止が決まっている。都が会津若松、いわき両市で開催を予定しているPVなどのイベントは地元自治体と意見交換を行って調整するとしている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

日大東北、18年ぶりV!夏の高校野球福島 光南に5-4