【五輪記者コラム】観客の声援あったなら 桃田1次リーグ敗退

 
【男子シングルス1次リーグ】韓国選手と対戦する桃田賢斗=28日、武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バドミントンの桃田賢斗(NTT東日本、富岡高卒)が1次リーグで敗退する波乱が起きた。試合後、「いい結果を出せなかったけれど、またコートに戻ってこられて試合ができたことを感謝したい」と声を震わせた。

 時折、目からあふれそうになる涙をタオルで拭いながら、期待に応えられなかった申し訳なさを言葉にした。無観客で座席が目立つ会場は異様な雰囲気に包まれていた。観客の声援があれば、劣勢な展開を変えて逆転できただろうか。勝負の世界に「もしも」はないが、早すぎる幕切れにそう思いたかった。(坂本龍之)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ65チーム闘志