MVPに尚志・佐藤ら表彰 Fリーグ閉会・表彰式

 
 F1で最優秀選手賞に輝いた佐藤一輝(尚志3年) 最終節ではドリブルやシュートなど自分の持ち味を発揮することができたと思う。セカンドチームに上がれるように、さらに練習に励みたい。

 県内高校チームによる「高円宮杯JFA U―18(18歳以下)サッカーリーグ2019福島」(通称・Fリーグ)は21日、Jヴィレッジ(楢葉、広野町)で1部(F1)と2部(F2)の最終第18節計10試合が行われた。F1では尚志サードが郡山商を6―0で下し、2位の帝京安積に勝ち点1の僅差で優勝を飾った。

 試合後にJヴィレッジで行われた閉会・表彰式では、F1を制した尚志サードをはじめ入賞チームと、F1で最優秀選手賞に輝いた佐藤一輝(尚志3年)らの活躍をたたえた。F2はふたば未来と帝京安積セカンドが勝ち点42で並んだが、得失点差でふたば未来が優勝を決めた。

 ◇F1〈1〉尚志サード〈2〉帝京安積〈3〉郡山商▽最優秀選手賞=佐藤一輝(尚志サード)▽得点王=後藤拓也(郡山商)

 ◇F2〈1〉ふたば未来〈2〉帝京安積セカンド〈3〉安積▽最優秀選手賞=酒井彪我(ふたば未来)▽得点王=渡部智也(磐城)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島市チーム14年ぶり総合優勝 ふくしま駅伝、町の部は石川町