【柳津】美大生ら柳津描く、店舗に展示 「やないづアートプロジェクト」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
作品に見入る来場者

 美術大の学生らが描いた柳津町の風景画などを町内の店舗に展示する「やないづアートプロジェクト 旅する美大生」が、同町で始まった。地域活性化などを目的に制作された個性豊かな作品が並び、来場者を引きつけている。11月16日まで。

 斎藤清美術館の企画。武蔵野美大と筑波大芸術専門学群の学生9人が8月、町内に滞在し、空き家を活用して公開制作を行った。

 今回は「美大生の見た柳津とは?」をテーマに、その時に完成した日本画や油絵、版画など65作品を商店街の計10店舗に展示している。オークションも行っており、最高値で入札した人が作品を落札できる。

 問い合わせは同館(電話0241・42・3630)へ。

 展示協力店次の通り。

 微細彫刻富山工房、小池菓子舗、いなば屋、はせ川屋、柳津観光協会、さくらや、キッチン柳、パン工房あかべこ、岩井屋、すずや食堂