【金山】企画展にアニメ原画 妖精美術館、シーズン営業開始

 
作品に見入る来館者

 金山町の妖精美術館の今シーズンの営業が4月27日から始まり、合わせて「聖戦士ダンバイン」などのアニメのキャラクターデザインで知られるアニメーター湖川友謙さんの企画展が開幕した。

 企画展には、湖川さんが描いた原画31点が並ぶ。企画展に合わせて制作した妖精画「瞳の精」も展示した。アニメのプラモデルなども紹介されている。

 企画展は、同館の今シーズンの営業が終わる11月10日まで、作品を入れ替えながら開かれる。

 5月2日には、造形作家の赤松和光さんらを招いたギャラリートークと、ハープ奏者の西塔紅美さんの演奏会が開かれる。参加者にはイデオンのプラモデルが贈られる。9月には湖川さんのトークショーも予定されている。

 営業は午前9時~午後5時。水曜休館。料金は高校生以上300円、小・中学生200円。問い合わせは同館(電話0241・55・3180)へ。