【会津地方】「会津と新選組」フレーム切手販売 近藤勇や土方歳三など

 

 日本郵便東北支社(仙台市)は26日、幕末の会津藩と新選組の関わりを題材にしたオリジナルフレーム切手「会津と新選組」の販売を開始した。会津地方の全郵便局98局と一部の簡易郵便局で、1000シート限定で取り扱う。

 1シートに82円切手10枚が付き、価格は1300円(税込み)。切手には近藤勇や土方歳三、斎藤一といった隊士らの写真のほか、新選組の腕章、近藤、土方の愛刀などがあしらわれた。日本郵便のウェブサイト「郵便局のネットショップ」でも9月5日から販売される。

 日本郵便県西部地区連絡会地区統括局長の佐藤賢之介旭田郵便局長、須藤紀之会津若松郵便局長らは26日、会津若松市役所を訪れ、室井照平市長にフレーム切手を説明した。