【会津若松】ウイスキー専門店「アクアヴィテ」開店 100酒類が並ぶ

 
「ウイスキーの奥深さを感じてほしい」と話す大竹さん

 「ぜひ『本物』を味わってほしい」。酒類などを扱う小売店チェーンに籍を置きながら独立を目指してきた会津若松市の大竹翔太さん(26)が、同市大町にウイスキー専門店「アクアヴィテ」を開店した。大竹さんの「ウイスキー愛」が詰まったこぢんまりした店で、大竹さんはウイスキーの奥深さを広めようと意欲を燃やしている。

 会津といえば日本酒が思い浮かぶが、大竹さんはウイスキーにこだわる。最初はスーパーなどで買えるウイスキーを愛飲していたが、クセのあるウイスキーに出合って魅力に引き込まれた。

 「他の酒類にない面白さがある」と大竹さん。同じ地域で造られたウイスキーでも大きく味が違ったり、日本酒とは違う魅力を感じるという。店名のアクアヴィテは「生命の水」を意味している。

 会津初のウイスキー専門店で、日本政策金融公庫の有利な融資制度を活用し、開店にこぎ着けた。約100酒類のウイスキーが並び、店内で試飲もできる。高品質な食品主体のスーパー成城石井のおつまみも扱う。

 大竹さんは「蓄えた知識を生かしてアドバイスし、ウイスキーファンを増やしたい」と話している。

 営業時間は午後2時~同10時。水曜定休。問い合わせは同店(電話080・6037・2979)へ。