【会津地方】柳津、川口駅に「只見線駅文庫」設置 弁当2種予約販売も

 
来年2月末まで設けられる只見線駅文庫=会津川口駅

 県は来年2月末までJR只見線の会津柳津、会津川口の両駅に各約120冊の「只見線駅文庫」を設ける。列車の待ち時間など駅でのひとときを有意義に過ごしてもらおうと、細やかな心配りで利用者をもてなす。

 「おいしさ満載。絶景!只見線」をテーマに、県が只見線の魅力発信に向けて取り組む実証事業の一環。沿線の小学生が書いたメッセージカードや会津大短期大学部生がデザインした文庫コーナーの紹介文を掲げる。本は県立図書館から除籍されたものを使う。

 今月2日からは奥会津地域の食材を使用した「ご当地ソースカツ弁当」(税込み1000円)と奥会津おむすび弁当(同700円)の予約販売も始まっている。柳津町内で弁当を受け取り、車内に持ち込んで食べられる。