【昭和】夜に浮かぶ大イチョウ!喰丸小でイルミネーション始まる

 
イルミネーションが点灯し黄金色に輝く大イチョウと周辺=21日午後5時25分、昭和村・喰丸小

 昭和村の交流・観光拠点施設「喰丸小」で21日から、シンボルツリーの大イチョウのイルミネーション点灯が始まった。廃校を利用した木造施設を背景に、幻想的な風景が広がっている。

 大イチョウは既に落葉したが、葉が黄色く染まった秋の姿を想像して楽しんでもらおうと、村が今年初めて冬季の点灯を企画した。樹齢120年を超える大イチョウが発光ダイオード(LED)の電灯約4000個で彩られ、美しい姿を見せている。点灯は来年2月29日までの午後4時~同8時。