【猪苗代】「リステル」スキー営業スタート 積雪で順次コース拡大

 
スキーを楽しむ来場者=猪苗代町・リステルスキーファンタジア

 猪苗代町のリステルスキーファンタジアは18日、今季の営業を開始した。初日から宿泊客らがスキーやスノーボード、そり遊びを楽しんだ。3月25日まで営業予定。

 昨年12月21日にオープンを予定していたが、雪不足で延期となっていた。人工降雪機を稼働するなどして、積雪約10センチを確保。リフト1基を運行し、メインコースのロイヤルクリスティ(約800メートル)が滑走できる。センターハウス前もそり遊びスペースとして開放した。今後、積雪状況を見て順次コースを拡大する。

 同スキー場は初心者から上級者まで楽しめるコースがそろう。今季は子どもや家族向けの雪のテーマパーク「スノープレイランド」に、専用のそりで滑る遊具「エアチューブスライダー」が新登場する。