【会津】「触れずにボタン」キーホルダー発売 会津鉄道、扉開閉も

 
発売しているキーホルダー「ふれません」

 会津鉄道は、ボタンなどを手で触れず押すことができるキーホルダー「ふれません」を発売している。

 先端でボタンを押したり、フック部分をドアノブに引っ掛けることで扉の開閉ができる。感染症予防に役立ててもらおうと開発した。アクリル製で、同社のオンラインショップや有人の各駅で購入できる。

 コロナ禍で乗客数の落ち込みも大きいという同社。キーホルダーには、疫病払いの伝説が残る赤べこが鼻先で会津鉄道の列車を後押しする姿もデザインされている。車掌の小池公春さん(21)は「秋には観光シーズンを迎える。早く感染症が収束してほしい」と話した。