【会津若松】ラブノマスク超! 新選組の『青』と会津鉄道の『赤』

 
ネコ駅長の「らぶ」の写真がプリントされた「ラブノマスク超(スーパー)」

 芦ノ牧温泉駅を守る会は22日、会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅の2代目名誉駅長を務めるネコ「らぶ」の写真がプリントされた綿マスク「ラブノマスク超(スーパー)」を発売する。

 マスクは2種類。鶴ケ城を背景に、らぶが新選組隊士の羽織を身に着ける青色を基調としたものと、会津鉄道の車両「AT―700形」の赤色を基調に、列車をお見送りするらぶの「勤務風景」をプリントしたものをそれぞれ用意した。

 第1弾として、5月にらぶと弟の元施設長「ぴーち」のイラストをあしらったマスクを発売。今回は、らぶの写真を使用することで、会津観光をPRし、土産品としても活用してもらおうと「超(スーパー)」と名付けた。守る会の小林洋介さん(35)は「衛生用品としてだけでなく、ファッション、お土産品として使ってもらえれば」と話している。

 価格は1400円(税別)。同駅の売店や同会のオンラインショップで販売する。7月には第3弾を発売予定。問い合わせは同会(電子メールinfo@ashinomakionseneki.com)へ。