【若松】飲食店応援「割引クーポン」 呑んべぇプロジェクト開始

 
プロジェクトをPRする(左から)松本理事長、高野実行委員長、室井市長、小柴幹事=会津若松市・ゑびす亭

 新型コロナウイルス感染拡大により打撃を受けている会津若松市の飲食店などを応援する「あいづ呑(の)んべぇ文化支援プロジェクト」が30日、市内の52店舗で始まった。先着1万人に参加店舗で使える割引クーポンを贈る「会津酒場スタンプラリー」などを繰り広げる。市内でキックオフイベントが開かれ、関係者がプロジェクトをPRした。飲食、酒造、タクシーの3業界の関連団体などでつくる実行委員会の主催。

 スタンプラリーは、無料通信アプリLINE(ライン)を活用。1店舗で3000円以上飲食するとポイント獲得となり、3店舗分のポイントがたまると、3000円分の割引クーポンがもらえる。来店者には乾杯酒として会津清酒が振る舞われる。このほか、参加店舗で3000円以上飲食すると500円分のタクシー割引券(先着2万枚)がもらえる。

 イベントでは高野豊実行委員長(県社交飲食業生活衛生同業組合あいづ支部長)、室井照平市長、松本善六会津若松酒造協同組合理事長、小柴久浩県タクシー協会会津支部幹事らが会津清酒で乾杯した。高野実行委員長は「感染症対策をしっかりしながら、心のこもったおもてなしをしていきたい」と話した。

 プロジェクトは2カ月程度実施する予定。参加店舗は特設ホームページ(https://aizunonbe.wixsite.com/home)で確認できる。