【檜枝岐】尾瀬シーズン到来!シャトルバス開始 入山規制が解除

 
御池駐車場を出発する尾瀬へのシャトルバス=檜枝岐村

 本県など4県にまたがる尾瀬国立公園の入山規制が1日、解除された。檜枝岐村は、新型コロナウイルス感染症の影響で閉鎖していた本県側から尾瀬に入る同村の御池駐車場を再開した。御池駐車場―沼山峠口間のシャトルバスの営業が始まり、待望の尾瀬シーズンが到来した。

 村は「一村一集落の特殊な環境で感染者が発生した場合、村が崩壊する恐れがある」として、6月30日まで村内の宿泊施設などについても自粛要請を出していたが、1日からほぼ再開した。

 御池駐車場では同日午前6時30分ごろ、始発のシャトルバスが沼山峠口へと走りだした。運営する会津乗合自動車は、同駐車場の受付でバス利用者の検温を実施しており、万全の体調での登山を呼び掛けている。