【北塩原】19日からセザンヌ展 「林間の空地」など初期作品、諸橋近代美術館

 

 北塩原村の諸橋近代美術館は19日から、小企画展「若きセザンヌの挑戦」を開く。20世紀の前衛芸術に多大な影響を与え「近代絵画の父」とも称されるポール・セザンヌの初期の作品にスポットを当てる。11月29日まで。

 同館所蔵の「林間の空地」を中心に1860~70年代の若き日の作品が並ぶ。古典的な主題、暗い色調や厚塗りの描写など、後の有名な「リンゴの静物画」とは違った絵画を見ることができる。

 セザンヌと同時代に生き、その作風に影響を与えた画家たちの作品も展示し、計約15作品を紹介する。

 会期中は無休で、時間は午前9時30分~午後5時30分(11月の閉館は同5時)。観覧料は一般1300円、高校・大学生500円、中学生以下無料。

 問い合わせは同館(電話0241・37・1088)へ。