【猪苗代】白銀の世界に舞い上がる花火 猪苗代スキー場

 
ゲレンデで打ち上がった花火

 26日に今季の営業を開始した猪苗代町の猪苗代スキー場は同日、「いなスキ!雪花火」を行い、約400発の花火が白銀の世界に舞い上がった。

 同スキー場を運営するDMCaizuと猪苗代観光協会の主催、猪苗代スキー場組合の共催。町の新型コロナ対策観光誘客支援事業の補助を受け、感染予防に努めつつ元気を忘れないようにとの思いを込めて企画した。

 当日はゲレンデの下から眺めたり、ナイタースキーをしながら花火を楽しんだりする来場者の姿が見られた。

◆来年3月20日まで土曜、祝日の前日に

 花火は今後、来年3月20日までの土曜日と祝日前日のナイター営業日の午後8時から約200発を打ち上げる。

 元日午前0時には「Happy New Year 花火大会」が開かれ、約500発の花火がゲレンデを彩る。

 問い合わせは同スキー場(電話0242・62・5100)へ。