【磐梯、北塩原】雪上徒歩ルート好評 アルツ磐梯と猫魔スキー場

 
雪上徒歩ルートのアルツ磐梯側のゲート

 星野リゾートが運営するアルツ磐梯(磐梯町)と猫魔スキー場(北塩原村)の両スキー場をつなぐ雪上徒歩ルートが16日に開通した。猪苗代湖を見下ろすパノラマが魅力のアルツ磐梯とパウダースノーが売りの猫魔を一体で楽しめると、スキーヤーとスノーボーダーに好評だ。

 ルートは約800メートル。ゲレンデに設置したゲートをくぐり、ロープを張ったブナ林を歩くことで、猫魔ケ岳の南斜面と北斜面に位置する両スキー場間を15分で移動できる。

 初日はオープン前から二つのスキー場を一日で楽しみたいと、両スキー場にスキーヤーやスノーボーダーが訪れ、ゲートをくぐっていった。

 同ルート内はスキー、スノーボードでの滑走は禁止。時間は午前10時~午後3時(3月29日以降は午後1時30分まで)。積雪や天候次第で変更もある。両スキー場共通のリフト券(1日券)が必要。2月11日、23日を除き猫魔スキー場は3月4日までの火~木曜日は定休。問い合わせは猫魔スキー場(電話0241・32・3001)へ。