暗闇に浮かぶ山門 照らす紫色「瑠璃光」、湯川の勝常寺

 
暗闇に浮かび上がった山門

 湯川村の勝常寺山門をライトアップする「瑠璃光の絆」は11、12の両日行われ、暗闇に山門が浮かび上がった。湯川ふるさとおこし協議会の主催。

 寺の境内に設けた大型スクリーンには、寺に関する資料写真などを映し出した。寺の向かいの角屋は両日に限り昼と夜に営業し、記念カードや村特産品などを販売した。

 ライトアップは磐梯町との共同事業。同村の記念カードと同町の史跡慧日寺跡で同日開催した「月待ちの灯(あか)り」で販売した記念カードの2枚をそろえた人には記念台紙をプレゼントした。