らぶ駅長列車登場! 7月16日から運行、会津鉄道35周年事業

 
ネコ駅長「らぶ」などがデザインされたラッピング列車のイメージ

 会津鉄道(会津若松市)は7月16日から、会津芦ノ牧温泉駅のネコ駅長「らぶ」などをデザインしたラッピング列車を運行する。開業35周年事業の一環で、同日に同駅で開かれる記念式典でお披露目される。

 ラッピングは今夏公開の「劇場版にゃん旅鉄道」がモチーフとなっている。主人公のらぶのほか、初代名誉ネコ駅長「ばす」と施設長「ぴーち」、アテンダント「さくら」のかわいらしいイラストが描かれる。

 列車は1両編成で、運行するのは会津若松―田島間。上下線合わせて1日4~6本運行する予定。

 資金調達、支援募る

 会津鉄道は7月10日まで、ラッピング列車の費用の一部を、インターネット上で資金調達を図るクラウドファンディングで募っている。同社のホームページから申し込むことができる。問い合わせは同社(電話0242・28・5885)へ。