会津若松の魅力発信、モデルの古川咲愛耶さん 観光大使に就任

 
会津若松市観光大使の委嘱状を受けた古川さん

 郡山市出身のモデル古川咲愛耶(さあや)さん(27)=東京都在住=が1日、会津若松市観光大使に就任した。交流サイト(SNS)で会津の魅力を発信している古川さんは「生まれ育った福島を盛り上げたい」と笑顔で話した。

 古川さんは母親が猪苗代町出身で、幼い頃から会津を訪れていた。日本舞踊や茶道、生け花に触れていたことから和の文化を発信したいとの思いが強く、写真共有アプリ「インスタグラム」で同市の鶴ケ城や会津の神社仏閣などの写真を投稿している。

 市役所で行われた委嘱状交付式では、会津木綿の着物を着た古川さんが室井照平市長、会津若松観光ビューローの新城猪之吉理事長から委嘱状を受けた。室井市長は「若い人の感覚で会津を発信してほしい」と期待を込めた。

 市観光大使は市とビューローが委嘱している。古川さんで41人になった。