町の魅力しっかり発信 第5代「坂下小町」に大竹さん、高畑さん

 
第5代坂下小町の大竹さん(左)と高畑さん

 会津坂下町の観光などをPRする第5代坂下小町に、いずれも会津坂下町の大竹かりんさん(20)=会津坂下町役場=と高畑朱里さん(19)=会津信用金庫坂下支店=の2人が選ばれた。7日に同町で開かれた「ばんげ夏まつり」で発表された。坂下小町の選考は3年ぶり。

 ステージイベントで表彰式・交代式が行われ、大竹さんが「坂下について知識を付けたり、PRしたりしていきたい」、高畑さんが「坂下を知ってもらえるよう何事にも取り組んでいく」とそれぞれ抱負を語った。古川庄平町長、高久栄一郎町観光物産協会理事長らが賞状や花束などを贈り、第4代の2人からたすきを受けた。

 大竹さんと高畑さんは秋のイベントや来年1月の坂下初市・奇祭大俵引きなど、1年を通して同町の魅力を伝える。