東北トップ切り「久慈川アユ釣り」解禁 早朝から愛好者楽しむ

 
久慈川でアユ釣りを楽しむ釣り人=5日午前7時15分ごろ、矢祭町

 矢祭町などを流れる久慈川で5日、東北で最も早くアユ釣りが解禁された。早朝から多くの愛好者が釣りを楽しんだ。

 地元の久慈川第1漁協によると、今年は1600キロ(16万匹相当)の稚アユを放流した。アユは平均で17センチに成長し、今の時期なら最大20センチほどになるという。

 解禁を祝うセレモニーが矢祭町の親水広場で行われた。同漁協の古市孝行組合長(71)は「県内外から多くの太公望が訪れ、釣りを堪能してほしい」とあいさつした。アユ釣りは10月中旬まで行われる。