鮫川水系のアユ漁解禁、いわき市内河川 1時間で20匹の釣果も

 
アユ漁を楽しむ釣り愛好家ら

 いわき市内などを流れる鮫川水系のアユ漁が12日、解禁となった。鮫川本流と四時川や入遠野川などの支流で、釣り愛好家がアユ釣りを楽しんでいる。

 鮫川漁協が解禁直前に四時川で行った試し釣りでは、1時間で20匹のアユが釣れたという。大きさは17~20センチだった。

 解禁初日に四時川で釣りを楽しんだ、いわき市の男性(65)は2時間で20匹のアユを釣ったといい「解禁日にしては良く釣れた」と笑顔を見せていた。

 入漁券は日釣り券が1500円(現場売りは2千円)、年券が7千円。このほか鮫川漁協と久慈川第1漁協の両管内での釣りを同一料金で楽しめる「共通遊漁券」も販売している。問い合わせは鮫川漁協(電話0246・65・6758)へ。