ワカサギ釣り11月1日解禁 桧原湖と小野川湖、屋形船準備進む

 
桧原湖に浮かべた屋形船で準備を進める鈴木さん

 北塩原村裏磐梯の冬の風物詩、桧原湖と小野川湖のワカサギ釣りが11月1日に解禁となる。漁期は来年3月31日まで。

 解禁を控え、ワカサギ釣り用の屋形船やドーム船を運営する事業者は釣り客を迎え入れる準備に追われている。両湖の遊漁券販売は、東日本大震災後に5万人台まで落ち込んだが、最新のふ化設備を導入して釣りやすい環境を整備したことで回復し、昨季は9万5000人以上を記録した。

 桧原漁協は30日、県の特別許可を得て桧原湖に浮かべる屋形船などで試し釣りを行った。同漁協副組合長で「おやど風来坊」オーナーの鈴木一美さん(62)は「年々釣り客は増えている。さらに多くの方々に気軽に釣りを楽しんでもらいたい」と話している。問い合わせは桧原漁協(電話0241・32・3468)へ。