【南相馬】ゆめはっと合唱団、仙台フィルが共演 12月に復興へ第九演奏

 
特別演奏会に向け練習に励む団員たち

 南相馬市の市民文化会館「ゆめはっと」で12月8日、ゆめはっと合唱団と仙台フィルハーモニー管弦楽団によるベートーベン「交響曲第9番合唱付」の特別演奏会が開かれる。ゆめはっとの開館15周年を記念し、東日本大震災からの復興へ願いを込めたハーモニーを奏でる。

 演奏会に向け、同市で11日、南相馬ベートーベン第九特別演奏会合唱団の結団式が行われ、ゆめはっと合唱団のほか、県内の合唱団や第九愛好家約100人が集まった。演奏会の音楽総監督・ソリストを務める会津若松市出身の佐藤淳一さんを講師に、団員が一回目の練習に励んだ。

 南相馬市での「第九」の演奏会は、15年前にゆめはっとが完成したのに合わせ、こけら落とし公演として開かれた。

 同管弦楽団の演奏に出演した市民有志は「ゆめはっと合唱団」を結成し、被災地を合唱で励まそうと活動を続けてきた。

 団長の西山典友さん(65)は「震災前の共演が実現する。多くの人と共に第九を歌い、被災地の元気を発信したい」と引き続き仲間を募っている。

 練習は毎月行う予定。次回は23日。問い合わせは西山さん(電話090・8925・4665)へ。