【県内】「全国きずなキャラバン」復活へ フラガール、各地を巡る

 
2011年に全国各地で展開されたフラガール全国きずなキャラバン(スパリゾートハワイアンズ提供)

 東日本大震災後、スパリゾートハワイアンズ(いわき市)のフラガールが各地を巡り、福島の復興を発信した「全国きずなキャラバン」が6月、8年ぶりに復活する。

 フラガールを育成する常磐音楽舞踊学院が4月に創立55周年を迎えることから記念事業の一環で企画。当時のキャラバンに参加したアウリイ・晴奈さんは「皆さんからいただいた温かい声援や先輩の思いがあって、今の私がある。感謝を込めて踊りたい」と思いを語った。

 施設が被災して休館となり、踊る舞台を失ったフラガールたちが、福島をはじめとする東北の力になりたいと2011(平成23)年5~10月にキャラバンを展開。26都府県と韓国・ソウルを含めた125カ所を巡り、247回の公演を行った。

 キャラバンに参加したフラガールのうち、在籍しているのが2人になったため、当時のメンバーの思いや絆を引き継ごうと実施する。

 キャラバンは6~12月の半年の予定。開催場所などは調整中だが、前回公演した場所から訪問先を選ぶという。観覧無料。これに先立ち、5月26日に、キャラバンに参加したフラガールのOGを迎えた特別公演を同施設で繰り広げる。