【いわき】激レア!深海の生物「オオメンダコ」「オオグチボヤ」登場

 
オオメンダコ

 アクアマリンふくしまは大型連休に合わせ、いわき市小名浜の同館で水族館での展示としては希少な「オオメンダコ」と「オオグチボヤ」などを展示している。

 オオメンダコは北海道知床沖水深600~800メートルで採取された個体。生きて採取されることはまれで、飼育例がほとんどないため生存期間は不明。オオグチボヤも北海道沖で採取された。流れに向かって大きく口を開けて餌を捕らえるという。いずれも2017(平成29)年以来の展示。

 また、英国で「世界一醜い生き物」と認定されたニュウドウカジカも3匹追加。同館での複数個体の展示は初めて。問い合わせは同館(電話0246・73・2525)へ。