【相馬】「相馬逸品」78品目認定 銘菓や食品など、リーフレット作成

 
「相馬逸品」を掲載したリーフレット

 相馬商工会議所推奨物産推進委員会は、相馬市内の銘菓や食品などを選定した「相馬逸品」の2019年度版リーフレットを作成した。同委員会が9月30日に相馬市の同商議所で会見し、発表した。市内参加店や商業施設、金融機関、県内道の駅などで配布する。発行部数は3万部。

 市内の銘品を発掘、販路拡大につなげようと作成しており、今回は2年ぶりの改訂。市内の銘菓や水産加工品、工芸品など39事業所の78品目を認定、掲載している。認定期間は2年。

 委員長の菊地逸夫副会頭と和田山雄康専務理事は「お土産品を基本にふさわしいものを選定した。多くの人に活用してほしい」と話す。問い合わせは相馬商議所(電話0244・36・3171)へ。