【いわき】笑いと食で健康応援! 中華料理店豚まんテークアウト

 
話題になっているキャッチコピーと豚まん=いわき市・中華料理華正樓

 「コロナはにくんでも、豚まんはにくまん。」。いわき市の中華料理華正樓(かせいろう)は、豚まんのテークアウト商品に添えた新型コロナウイルス感染症に対抗するキャッチコピーで話題になっている。

 考えたのは、料理長の吉野康平さん(40)。豚まんは、肩ロースとバラ肉を大きめに切ることで、ボリューム満点な食感とうま味を存分に引き出した従来からの人気メニューだという。

 キャッチコピーは、自宅で店の味を楽しめるよう豚まんに添えている食べ方を記した紙に吉野さん自らの直筆。吉野さんは「暗い世の中で少しでも笑っていただけたら」と笑いと食で健康を応援する。