【いわき】市内15カ所の古墳に焦点、出土品紹介 いわき市考古資料館

 
埴輪など貴重な出土品を展示している会場

 いわき市考古資料館は3日から、同館で企画展「いわきの古墳時代―巨大前方後円墳の出現」を開いている。10月31日まで。

 3~6世紀の約400年間を指す古墳時代がテーマ。過去に発掘調査を行った市内15カ所の古墳に焦点を当て、埴輪(はにわ)や勾玉(まがたま)などの出土品約50点と解説パネル73枚で詳しく紹介している。

 時間は午後9時~午後5時。入館無料。毎月第3火曜日は休館。会期中の11日と9月26日の午後1時30分~同3時には、同館学芸員による展示解説会を開く。当日の先着15人まで。問い合わせは同館(電話0246・43・0391)へ。