「未馬」のパネル、原ノ町駅に設置 南相馬観光協のキャラクター

 
駅に設置された未馬の等身大パネル

 南相馬観光協会は11日、同協会のオリジナルキャラクター「未馬(みま)」の等身大パネルを南相馬市原町区のJR原ノ町駅に設置した。

 未馬は馬を擬人化させたキャラクターで、同協会と地元のイラストレーターがが制作した。デザインには市の花である桜と、相双地方の伝統行事「相馬野馬追」に出場する騎馬武者の甲冑(かっちゅう)姿がイメージされている。駅を訪れた市内外の人に市の観光資源をPRするきっかけになればと設置した。原ノ町駅のほか、福島ロボットテストフィールドなどにも設置されている。

 同協会の担当者は「ほかにも市内にパネルを設置した。未馬を探してみてほしい」と呼び掛けた。